世界中の商品の貿易物流管理ソフトウェアのスタートアップ Intelage が $ 2.3Mを売り上げる【GeekWire】

 

John Han. (Intelage photos)


シアトルにおいてまたまた注目のスタートアップ企業の情報が入ってきました!!今回は世界中の商品の貿易、流通を管理するソフトを作り上げ急成長を見せているIntelageについての記事です!!

以下よりGeek wire和訳


ジョン・ハンは、15年間、彼自身の商品貿易とマーケティング会社を運営した後、世界的な商品業界全体において、利害関係者を悩ませた非効率性について全て知りました。今、彼は2社の VC会社から投資を得たばかりの新しいベンチャーについての観察を繰り返しています。

シアトルエリアのスタートアップ Intelageは、パートナーと新進気鋭のベンチャーズから $230万の資金出資を得て、運用しています。年末までに会社では、5人組チームを成長させ、顧客が商品ビジネスを管理するのに役立つソフトウェアを構築し続ける予定です。

ハンは、世界貿易産業はマニュアルと時代遅れの方法論が蔓延していると述べました。Intelage は、リスク管理、文書化、在庫管理、コストの最適化など、取引ビジネスのさまざまな部分を迅速化および自動化するツールを提供しています。

アプリイメージ図

同社の2つの主要な製品は、市場、農業サプライヤーとバイヤーを接続するプラットフォーム、および TradeDesk は、リアルタイムの追跡、ドキュメントの自動化、および取引と出荷のためのアプリ内通信を提供しています。

Intelageを使用している客は、穀物から大豆、材木まで、あらゆるものを販売・購入しています。
ハンは、世界の商品物流市場は $17兆であると見積もっており彼は、貿易戦争の可能性が実際に Intelage をより魅力的にすることを付け加えました、それは「不確実性を通して、WEB操作を助ける」ということです。

 


Intelageは企業理念として”全ての人のために、世界の貿易をもっと簡潔に、そして透明化させること”を掲げています。


関連記事、起業について起業の記事↓

外国人起業家11人に聞く「移民としてアメリカで起業する」ということ①【GeekWire】

 

外国人起業家11人に聞く「移民としてアメリカで起業する」ということ②【GeekWire】

 

(2018年12月14日)Global commodity trade logistics management software startup Intelage raises $2.3Mより全文和訳

【執筆者情報】

福井直人

大阪大学経済学部を休学し、Bellevue Collegeにて留学中。高校からずっとハンドボールのキーパーをしており、顔面にボールがぶつかっても泣かない強い男である。マイブームはアメリカで出来た友達に関西弁を教えること。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください