ボーイングのミュレンバーグはSpaceXより早く火星に行くと宣言。SpaceXマスクは「やってみろ」【Geekwire】

CNBCのJim CramerがMuilenburgとのインタビューの中で火星の話題を持ち出したのが騒動のきっかけである。「誰が火星に最初に立つ人類だろうか、あなたですか?それともElon Muskですか?」とCramerは尋ねた。

これに対応して、Muilenburg は、ボーイングがNASAと深宇宙ミッションに向けて共同開発している重力リフトロケットでの打ち上げについて言及した。

「2019年に初めてのテスト飛行を行い、月の周りでスリングショットミッションを行うつもりだ」「最終的に、私たちは火星に行くつもりです。そして、火星に立つ最初の人類は、ボーイングのロケットで運ばれると確信しています」

Muilenburgはシカゴで開催された業界大会で昨年とほぼ同じことを言ったが、Muskはそれからというもの、2020年代からSpaceXの壮大な宇宙船で火星への移住者を送るビジョンを掲げている。

もしMuskとNASAが現在のスケジュールを守れれば、ボーイングの打ち上げより10年ほど早く、SpaceXのロケットによって到着した人々が火星に最初の足跡を残すだろう。

ムスクとミューレンブルク
SpaceXのElon MuskとBoeingのDennis Muilenburgは、宇宙の競争が起こっている。(Elon Musk、Twitter経由、Dennis Muilenburg via Boeing)

Muskの反応は生意気ともいえるか?スペースレースの始まりか?そうだ。しかし、億万長者は常に、人生の主な目標は、火星の都市を発展させ、人類が複数の惑星に住めるようにすることだと語っている。それを受けて、「Do It」のツイートは、誰であっても火星に移動しようとしていることを喜んでいるのかもしれない。

それが2013年にMuskのハイパーループデザインのエンジニアでSpaceXファンのJohn Gardiが、このやり取りに対しての反応だ。ツイートでこう回答した。”どちらにせよ君の勝ちだよ@ イーロンマスク!” 君が負けるときは誰も火星に行けなかったときだけさ ”

一方、ボーイングとSpaceXは、NASAの宇宙飛行士を国際宇宙ステーションとの間で輸送するために建設中の宇宙タクシーに関して、ちょっとしたライバルになっている。

現在のスケジュールでは、ボーイングは2018年の8月にその空間タクシーの最初の有人飛行を計画しており、一方でSpaceXは8月の予定だ。しかしこれらのスケジュールは常にずれるものなので、まだ決着を見るのは先になりそうだ。

宇宙ステーションに初めて宇宙飛行士を運ぶことは、2011年に基地に残された米国の旗を回収することを意味する。良いほうののチームが勝つのか?私はガーディのやり方と同じように見ている。このスペースレースでは、すべてのチームが勝つかもしれない。

コメントを残す