「働きたい企業ランキング」Amazonがまさかの圏外!【GeekWire】

BY on

シアトルのあの有名企業が働きたい企業ランキング(技術系)圏外という調査結果

世界中の技術者を対象に最も働きたい会社を調査したところ、いくつか驚きの結果が出た。シアトルで急成長中の技術系大企業も例外ではない。

求人ウェブサイトのHired社が、先月行なった調査の結果を月曜の世界経済フォーラムにて取り上げた。アンケート回答はテクノロジーの中心地と言える15都市から集められた。

米国内からは、オースティン、ボストン、シカゴ、デンバー、ロサンゼルス、ニューヨーク、サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル、ワシントンD.C.、イギリスからはロンドン、オーストラリアからはメルボルンとシドニー、カナダからはトロント、そしてシンガポールだ。

Hired社によれば被雇用者たちは求人のカラクリに惑わされることなく、自分が重要視する価値を提供する会社に興味を持っているようだ。加えて、「価値」の定義は、報酬、社会保障制度、企業文化、新しい技能が身につくかなど個人の好みや主観によって異なることを述べた。

「求職者たちが企業に求めているものを理解するため、技術分野で魅力的な企業を探そうと試みました。そして彼らが最も興味を持っている会社を決定するために、技術系で才能ある人々に対してアンケートを実施しました。彼らはソフトウェア開発、製品管理、デザイン、データサイエンス等に精通している人材です。」とHired社は記した。

働きたい企業ランキング
inシアトル

Hired社のランキングではサンフランシスコのベイエリアに位置する会社がトップ10のうち6社を占めた。だがブランドイメージの力により、ロサンゼルスを拠点とするイーロンマスク氏のSpace X社が首位となった。求人力となると、宇宙関連企業に高い期待が集まっていることが証明された。

このリストが注目に値するのは、世界でトップクラスの知名度を誇るアマゾンがランクインしていない点である。実際、シアトルに限ったランキングでも、不動産会社のRedfin社やZillow社に後れをとり、当都市に拠点を置く電子取引会社Amazonは3番目なのである。

シアトルのランキング上位10社には、ジェフ・ベゾスが設立し、Space Xの競合であるBlue Originや、技術系以外でもコストコやアラスカ航空が名を連ねた。

また、他の大都市に拠点を置く企業を抑え、Redfin社が上位ランクインを果たした。他企業の顔ぶれはSquarespace (ニューヨーク)、Boeing (シカゴ)、Indeed (オースティン)、TripAdvisor (ボストン) といったところだ。

(2017年11月20日 Geekwire 『Survey finds a big name in Seattle missing from list of tech companies where people most want to work』より全訳)

本日のニッチな英単語

gimmick
トリック/工夫

 

マジシャンの「トリック」、広告などの「工夫」といった意味で使われます。今回はrecruiting gimmicksで「求人のカラクリ」と訳してみました。実際に就活をしていると、どの会社も魅力的に感じてしまいますよね!人事担当者に美男美女が多いのも「求人のカラクリ」なのでしょうか。

……さて、改めてランキングを見てみると馴染みのある企業名がずらっと並んでいますね。そしてベイエリア(サンフランシスコ周辺)本社の多いこと!さすがはシリコンバレー。

企業の発展のために優秀な技術者は不可欠です。企業が技術者からの評価を気にしなければ、才能ある人材は他社に流れていってしまいます。

ブラック、残業、過労死……そんな言葉が飛び交う日本の労働事情。他国に技術者が流れてしまうことを防ぐためにも、早急な対策が必要なのではないでしょうか。

 

コメントを残す