ドコモも参入?クルマは「所有」から「シェア」の時代へ

突然ですが、みなさんクルマって買う必要あると思いますか?もちろん住む場所にもよりますが、僕は買わなくてもいいかなぁと思ってます!クルマ自体も高いし、維持費もかかるし、必要ないかなぁと。でも同時にクルマがあれば便利だなって場面もたまにあるんですよね。自分では買いたくないけど、たまに必要!そんなわがままな僕のニーズを満たすのが「カーシェアリング」です!

ドコモがカーシェア事業開始!!

月額利用料不要で好きな車を利用できる「dカーシェア」11月8日開始

NTTドコモは、11月8日にから新サービス「dカーシェア」を提供開始する。

dカーシェアでは、カーシェアリング事業者の「カーシェア」、個人間カーシェアリングの「マイカーシェア」、国内主要レンタカー事業者の「レンタカー」という3つのサービスを利用可能。初期費用や月額利用料は不要で、利用した分のみ支払う仕組み。支払い100円(税別)につき1ポイントのdポイントがたまり、ドコモユーザー以外も利用できる。

マイカーシェアは、車を所有するオーナーが車の使用を希望するドライバーにシェアできる個人間カーシェアリング。オーナーは車に関する情報、受渡場所、料金などを登録。ドライバーはdカーシェアのアプリ上で直接オーナーに申込み、予約と同時に「1日自動車保険」へ加入する。決済はdカーシェアを通じて行い、オーナー登録受付は11月8日、ドライバーの予約受付は12月7日に開始する。

(IT media 「月額利用料不要で好きな車を利用できる「dカーシェア」11月8日開始」 2017年10月18日 http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1710/18/news123.html)

ドコモが2017年中にカーシェアリング事業に参入するとのこと。中でも今回注目するのは「マイカーシェア」。これは、クルマを所有するオーナーが、クルマの使用を希望するドライバーの車を貸し出すことができるサービスです。個人がクルマの貸し借りを簡単に行うことができるというサービスですね。

いやいやドコモがクルマ??ドコモって通信の会社じゃないの!って思いますよね。ところがどっこい。カーシェアリングというビジネスはあくまで「クルマの貸し借りを助けるサービスの提供」であり、その会社が「クルマを所有」している必要はないんですよね!

だからこそドコモのような会社も参入するんです!ドコモって最近は携帯の契約だけじゃなくて、「dTV」などの「契約後に焦点を当てたサービス」を増やしてきていますよね!これって、消費者をドコモが提供するサービスの中に囲い込みたいからですよね。

「dTV」を使っても「マイカーシェア」を使っても「dポイント」がたまってお得。そしたら、だんだんとドコモのサービスを利用するようになりますよね!その一環として、生活に強く根ざした「移動」の部分にも進出してきたのではないでしょうか!

実はDeNAも2015年から「Anyca」という個人間カーシェアサービスを提供しているようです!はやい!でも正直あまり知られていないですよね。。。ドコモという大企業が参入することで、カーシェアリング事業の市場がグッと大きくなるかもしれませんね!

ちなみにUberとかLyftはビジネスの形がドコモのサービスとは少し違います。Uberは「空いてる時間に自分のクルマでタクシードライバーになっちゃおうっていうサービス」。一方、ドコモの個人間カーシェアリングサービスは「必要ないときにクルマごと貸し出しちゃうサービス」です。

僕は思いました。じゃあ、個人間カーシェアリングサービスの世界の最先端はどうなっているのかと。もしかして、世界では「クルマを買うとかもはやアホらしい」とかいう状況になってしまっているのではないか!ということで調べてみちゃいました。

アメリカのレンタカー版Airbnb「Turo」

2010年にボストンで生まれたスタートアップ「Turo」。現在は、アメリカやカナダの2500都市、300を超える空港にサービスが広がっているらしいです。2015年にはForbesの「もっともアツいオンデマンドサービス企業14選」に選ばれています。なんとUberやLyft、Airbnb、WeWorkなど世界大注目のスタートアップもこれに選ばれており、非常に注目度が高いと言えます!

仕組みは図の通り。すごくシンプルです。借りる側は、Turoに登録して、お気に入りのクルマを探して、予約。あとは、オーナーとやりとりしながらクルマを取りに行って、終わったら返す。支払いもオンライン上なので、オーナーの人に会うのは鍵のやりとりの時くらいでしょうか。まさにレンタカー版Airbnb。

同様に貸す側も非常に簡単ですね。しかも、車種にもよりますが普通のレンタカーサービスより3割ほど安いとのこと。加えて、ボルシェやテスラなどの超高級車も借りることができるという点で、普通のレンタカーサービスと差別化しています!

最近はドイツのカーシェアリング企業を買収して、ドイツ進出も狙っているようです。ドイツで成功すれば、ヨーロッパ全体に広がっていくかもしれませんね!

日本でもカーシェアリングは流行るのか??

ご紹介させていただいたように、アメリカではすでに個人間のカーシェアリングがかなり進んでいるようです。でも日本だと「自分のクルマを知らない人に貸し出すのはちょっと…」っていう考え方も多そうですよね。

クルマを使う頻度を考えてみてください。休日のお出かけの時だけ乗るとかって結構多いですよね。特に都心部だとこの傾向は結構あるのではないでしょうか。使ってないときに人に貸し出すだけで、お小遣い稼ぎができるんです!

しかもカーシェアリングが流行れば必要なクルマの数がかなり減って、エコでもありますよね!渋滞も緩和されるかもしれませんね。

日本では流行るとまではいかないかもしれませんが、「購入」以外にも「シェア」という選択肢があるということに目を向けておく必要はありそうですね!

シェアカーに関連する記事はこちら

物流の課題をトラックのシェアリングで解決!

孫正義が認めるAI搭載のドライブレコーダー、Nautoとは??

車の整備士を自宅に派遣!シアトルの車修理スタートアップ「Wrench」

コメントを残す