アップル社は予想売上額を超えたが、iPhoneの売上台数は減少。【GeekWire】

アップル社は予想売上額を超えた一方で、ホリデーシーズンを境にiPhoneの売上台数は減少。

BY NAT LEVY on February 1, 2018 at 2:55 pm

アップル社が直近四半期で記録された利益・収益を報告した。しかしホリデーシーズンを過ぎ、iPhoneの売上台数はがた落ちした。

アップル社によれば同社は前四半期のiPhone売上台数は7730万台で、1年前に比べ1%減少した。ブルームバーグによればアナリストは8020万台と予想していたが、これも下回った。売上台数は減少したが、売上収益は13%上昇した。平均796ドルの携帯本体価格が原因だ。これは昨年より100ドル以上高く、売上台数の減少に反して新しく高価なiPhone Xが人気であったことが分かる。

「iPhone Xは私たちの予想を超え、発売開始の11月以来、毎週最も売れるiPhoneとなっている。」とアップル社のCEOティムクック氏は述べた。

アップル社の報告によれば、この四半期の883億の収益の中で携帯一台あたり3.89ドルの利益を計上した。Yahooファイナンスのアナリストによる事前調査では873億円の収益、一台あたり3.86ドルの利益と予想されていた。

この高価なiPhone Xは革命的なスマートフォンiPhoneの10周年記念モデルだ。価格は999ドルで、様々な機能を持つ。5.8インチの「Super Retina」ディスプレイ。パワフルな機械学習や拡張現実、3Dゲームのための容量を兼ね備えたA11 Bionicチップ。ワイヤレス充電。再設計された2つのカメラ。そして顔認証によるロック解除だ。

この機種の初公開は少し不安定なものだった。アップル社は、リリース日である11月3日に店舗販売をすると発表していた。しかしシアトルや他の都市のアップルストアで大望を抱いていた客の多くは、手ぶらで店舗を後にすることとなった。事前予約で受け取り時間を指定していた客のみが、iPhone Xを手にして店を出ることができたのだ。

(2018年2月1日『iPhone sales drop over holiday season as Apple exceeds earnings expectations』より全文和訳)

本日のニッチな英単語

earning vs revenue
利益vs収益

「earning and revenue」(本文1行目)を訳そうとしたところ、どちらの単語も辞書では「収益」でした。違いを発見したので、解説したいと思います!
一言で表すならこのようになります。↓
earning=利益
revenue=収益

この2つの関係は
Revenue(収益) − Expense(費用) = Earning(利益)
です。(参考サイト
材料費や人件費を差し引いて、実際に手元に残るお金がEarning(利益)ということですね!勉強になりました!

コメントを残す