Amazon従業員数 54万人に到達 業界大手Whole Foods買収の影響【GeekWire】

BY on

Amazonの従業員数が54万人に 137億ドルを投じたWhole Foods買収の影響

Amazonは前四半期に16万人を追加採用し、被雇用者は全世界で総計54万1900人に達した。(2017年10月26日調べ)去年の同時期に比べ、実に77%の増大である。主な要因は137億円を投じたWhole Foods Marketの買収完了や、電子商取引会社Souqの獲得だ。

この買収には今四半期に急増したWhole Foodsの従業員8万7000人が含まれるが、同社やSouqの統合を除いてもAmazonの従業員数は昨年の同時期に比べ47%増えている。直近10年以内はまさに目を見張るほどの成長をしていると言えよう。例えば9年前に2万人だった従業員が、5年前には8万1千人にまで到達している。

ちなみにGoogleの第三四半期での全労働者数は約7万8000人だが、これはAmazonが直近3ヶ月に追加雇用した人数の半分に過ぎない。また、Microsoftの6月 会計年度末の人員数は約12万4000人だった。

そしてAmazonはこの急成長によってWalmartに次ぐ国内2番目の従業員数を誇る大手小売店となった。(首位Walmart の被雇用者は2300万のため、54万人のAmazonは人数では到底及ばない。)

「技術分野や販売力、特にAWS(アマゾンウェブサービス)強化のため、間違いなく雇用人数は伸びるでしょう。」とAmazonの最高財務責任者 Brian Olsavsky氏は電話インタビューに答えている。

また、今期Amazonは、第二本社を北アメリカに新設するという重大発表をした。この第二本社は5万人の仕事を創出すると言われており、米国全体で238の都市が誘致を試みている。だがこの雇用者数は同社の総雇用者の10%にも至らず、2019年に始まる第二本社の建設完了後(8−10年後)に採用する人数は現時点では不明だ。

(2017年10月26日 Geekwire 『Amazon tops 540K employees after swallowing Whole Foods in $13.7B deal』より)

 

本日のニッチな英単語

eye-popping
目が飛び出すほどの
今回は、「eye-popping growth」を「目を見張るほどの成長」と訳しています!
Poppingという楽しそうな雰囲気が、飛び出るという日本語の意味とマッチしていて面白いですね!

コメントを残す