オシャレさとハイテクさを兼ね備えたリング型ウェアラブル「Motiv」

どうも、りょうです!最近、シャオミの「Mi band2」というウェアラブル端末を着用して、睡眠時間などを記録してみています。自分の睡眠時間とか行動量が目に見えるのって、なかなか面白いですね。次はステップアップして、Apple Watchが欲しいなぁなんて思っていたのですが、なんと世の中には時計型だけではなく「リング型」のウェアラブルもあるそうなんです!これがイケてるんです。みなさん、欲しくなること間違いなしです!

成長が加速する、ウェアラブルデバイス市場規模

最近、たまにApple Watchとかしてる人見るようになってきたけど、流行ってんの?って感じですよね。「ださい」とか、「不必要」とかいろんな意見があるわけですが、世界でも日本国内でもどうやら流行ってきているようです!

ウェアラブルデバイスの市場規模予測(国内)総務省「平成28年 情報通信白書」より引用

こちらが国内のウェアラブルデバイスの市場規模です。2015年時点では、ウェアラブルデバイスの市場規模は約209万台ですが、2020年には約1200万台まで増加する見込みなようです。仮に1人1台持つとしたら、2020年には10人に1人が持っているという計算になりますね。

スマホレベルに誰でも持っているという感じにはならなそうですが、2020年にはかなり馴染みのあるものにはなりそうですね。(今ウェアラブルに手を出しておけば、あなたは流行に敏感な「アーリーアダプター」ってことになりますよ!笑)世界で見ると、2015年の約7100万台から2020年には約3億台に増加する見込みだそうです!

ウェアラブルデバイスが成長している背景

Googleが開発するメガネ型ウェアラブルデバイス

上の図を見た感じ、2013年から急激に出荷台数が増え始めていますよね。なんで急に増え始めたんですかね。めっちゃ気になりますよね!実は最近良く聞くテクノロジーの発展のおかげらしいんです!

1つ目が、半導体技術の発展です。半導体といえば、ソフトバンクのARM買収が記憶に新しいですよね。つまり、孫さんが目をつけるホットな分野なんです!半導体技術の発展によって、デバイスが身につけられるレベルに小型化・軽量化し、ウェアラブルに注目が集まるようになったそうです。

2つ目が、スマホの普及です。スマホが爆発的に普及したことで、ウェアラブルデバイスにWi-fiやBluetoothなどの通信機能を安価に搭載できるようになったらしいんです。

3つ目が、データがクラウド上で安価に管理できるようになったことです。これによって、大きなサーバー無しでデータを大量に収集、蓄積できるようになったことが背景だそうです。

4つ目が、データ解析技術の向上です。技術の話なので、正直詳しい話はわかりません!なので、だれか詳しい人がいたら教えてください!笑

改めて詳しく紐解いてみると、おもしろいですね!

という感じで、ウェアラブルデバイス市場を概観してきました。ただ、いまさら時計型とかメガネ型とか言われてもワクワクしませんよね。ということで、今回は「リング型」のウェアラブルを提供するスタートアップに目をつけてみました!

「ウェアラブル=ダサい」を覆す、オシャレなスマートリング「Motiv」

「Motiv Ring」グレーとローズゴールドの2色展開

Motiv」はサンフランシスコを拠点としたスタートアップで、フィットネス向けのスマートリング「Motiv Ring」を開発しています。僕はこの製品をみたときに「これ欲しい!」と強く思いました。

何よりもオシャレなんです!ハイテクな製品といえば、なんとなくガチャガチャしているイメージですが、この製品はとにかく洗練された見た目を追求しています。一見、普通の指輪って感じですね。

注文すると、まず指輪のサイズを測るキットが送られてきて、それでサイズを測ってMotivに知らせます。そして、商品が届いたらBluetoothでアプリとペアリングをするだけで簡単に使い始めることができます。

Motiv Ringでは運動時間、歩数、移動距離、消費カロリーや睡眠時間などが計測できるそうです。指輪の大きさなのに、たくさんのことが計測できてすごいですよね。

フル充電で3日は持つらしく、そこまで充電を気にしすぎる必要もありませんね。

ただ一点!非常に大きい問題があります!価格が$199もするんです!日本円で2万円を超えますね。製品を見た瞬間に「買い決定!」と思っていた僕も値段を見て、思わず息を飲みました。笑

ただ、Zuu Onlineというメディアで「2018年注目の米国スタートアップ8選」に選ばれるなど、注目度が高いのは間違いなしです!

どんどん進化するウェアラブルデバイス

今回紹介したのは「Motiv」ですが、他にも「Token」というところも「Token RIng」というスマートリングを開発しています。なんとこのリングでは、鍵の開け閉めなどができるらしいんです。さらに電子決済もできるとか!個人的には、MotivとTokenの機能が一緒になったスマートリングが欲しいです。

もちろん、リング型以外のメガネ型や時計型もこれから大注目です!スマホの次はなんなんでしょうね!ワクワクします!

   
   
   
   

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください