【米国三菱重工】国産初ジェット・MRJに憧れ航空業界へ。世界の現場最前線で活躍する調達マン 髙山恵治さん【キャリア編】

今回は、米国三菱重工にて調達マネジメントのスペシャリストとして働く髙山恵治さんにインタビューに応じて頂きました!

実は髙山さんが筆者の大学のOBさんだったというご縁があり、今回インタビューをさせて頂くことになりました。過去に僕が知っている授業に登壇したこともあったりするそうで驚きいっぱいでした!

こちらの記事は、メーカーならではの調達マネージャー・バイヤーとしてのキャリア、航空業界、自動車業界、日本からの海外赴任に興味がある方に必見となっています!

ではお楽しみください!!

髙山さんプロフィール

現在:

米国三菱重工にてサプライチェーンマネージャーとして三菱重工と米大手航空機メーカー・ボーイングの橋渡しの役割を担う。

経歴:

北海道出身。関西学院大学総合政策学部を卒業後、豊田自動織機(株)に就職。同社で7年ほど調達・バイヤーとしての腕を磨き、三菱重工業(株)に転職。入社後8年ほど経ったのちに自ら手を挙げ、2018年3月から米国三菱重工・シアトルオフィスへと赴任。現在は駐在2年目。

現在のお仕事について

竹下(BigPic)
現在のお仕事について教えてください!

髙山さん
現在は米国三菱重工にて、民間機のサプライチェーンマネージャーとして働いています。仕事のミッションとしては当社とボーイング社との懸け橋となる」ことで、ボーイング社との関係構築のためのなんでも屋という立ち位置です。

竹下(BigPic)
ボーイング側からすると髙山さんが三菱重工の顔というわけですね!

髙山さん
あと、具体的な仕事内容としてはサプライチェーンが担当なので、基本的には当社のラインを止めないためにあらゆる事をするのが仕事です。加えて調達マンのミッションとしてはQCDに優れた製品を調達するということが大事ですね。

竹下(BigPic)
QCDとはなんですか?

髙山さん
QCDはQuality・Cost・Deliveryの略で、良いものを、適性な値段で、必要な時に部品・材料をラインに供給するという調達の大きなミッションを表しており、これはトヨタにおいても三菱においても共通してある優先事項でした。

当社製品を作るときに必要な材料や部品を供給してくれるサプライヤーさんがたくさんいて、その会社と契約交渉し、適切な値段で、良い品質のものを、ジャストインタイムで供給してもらえるような関係を構築するのも調達マンの大事な仕事です。

竹下(BigPic)
現在もメインで調達のお仕事を続けられているというですか?

髙山さん
実は現地サプライヤーからの調達を行っている部隊は違うオフィスなので、今はそこまで調達業務に関わることがないんです。

但し、ボーイングのバイイングパワー(購買力、仕入れ力)を使って通常より安く購入できる部品や材料を当社にも適用出来る様に契約交渉し、それらをジャストインタイムで日本の当社工場にデリバリーできるような調整を日々やっています。

工場についた部品は当社で付加価値(加工・製造・組付け)をつけた製品となり、その後ボーイングへ出荷、ボーイングで各社の製品部位が組み合わさって一つの機体ができる。サプライチェーンとしての流れはこんな感じです。その流れでの各種問題の原因明確化〜早期解決が私の主な仕事です。

後は、ボーイングとの契約交渉だけでなく、原価改善・コストダウンも調達マンとしての大事な仕事なので、設計改善による原価コストダウンの交渉などもボーイングのエンジニアの方たちと行います。

竹下(BigPic)
本当に何でもやっているんですね…すごいキャパシティです…

髙山さん
基本的にはサプライチェーン全体を通したパフォーマンスの向上が目的ですが、本当になんでも屋みたいなものです。

また、私たち駐在員は部署・役職問わずボーイングから門外漢な質問・リクエストをされることがあります。そういった場合にも、「わからない」で回答するのではなく、駐在員同士で連携して対応、または日本の適切な部署に問い合わせをして回答入手の上、フィードバックをするなどしてしっかり応対します。

自分のパフォーマンスが会社の評価となるので、ボーイングからの信頼を得られるよう頑張っています。

但し、ただ一方的に従うだけというわけにはいかない時もあるので、日本側の主張は双方の背景や立場を理解した上でしっかり伝えます。そういう意味では、緩衝材のような役割も担っていますね。僕たち駐在員がいないとあまりに双方の主張がダイレクトすぎてバトルになってしまいますから(笑)

竹下(BigPic)
では今でも日本語を使う機会も多いということですね。

髙山さん
そうですね、仕事では英語と日本語は半々ぐらいで使います

これまでのキャリアパス

竹下(BigPic)
高山さんのこれまでのキャリアについて教えてください!

髙山さん
大学卒業後は『海外を舞台に働ける』『手を挙げれば挑戦させてくれる』ことに加えて、『トヨタウェイ』というトヨタの会社哲学に惹かれて豊田自動織機への入社を決めました。入社後はL&F(ロジスティクス&フォークリフト)という主に産業車両を扱う部門の調達に配属されました。

当時フォークリフトはトヨタ自動車が世界一の製品を持っていなかったころから世界ナンバーワンのシェアを誇っており、世界一の製品を扱う職場でトヨタ生産方式を肌で感じながら仕事を経験できたことは自分のキャリアで大きかったと思います。

竹下(BigPic)
ちなみに調達ってどんなお仕事なんですか?

髙山さん
調達はメーカーならではの仕事で、簡単に言えば、営業が製品を入札して交渉して契約して供給する、その相手側の人が調達です。

竹下(BigPic)
調達というと難しいイメージがあったのですが、そういうお仕事なんですね。というと、そこで調達マネージャーとして仕事をした後に同職種で三菱重工に転職されたというわけですね。

髙山さん
そうですね。豊田自動織機で7年ほど調達マネージャーとして勤めたのちに、三菱重工・航空宇宙部門に転職しました。

豊田自動織機時代の髙山さん(先頭)とご友人の方々

夢だった航空業界

竹下(BigPic)
なぜ豊田自動織機から三菱重工に転職されたのですか?

髙山さん
もともと飛行機が好きで、実は就活中もパイロットの試験を受けたりしていたのですが、最終面接後の最後の健康診断の視力検査で乱視が見つかり不合格になってしまったことがあります。でもその後はすっきり忘れて、就職後も自分の仕事にしっかり打ち込んでいました。

ですが、2009年のクリスマス頃、新聞を読んでいたら、『三菱重工が手掛ける世界初の国産ジェット機プロジェクト要員募集』という一面広告を見つけました。

そのときは大々的にエンジニア募集としか書いていなかったんです、でも無意識に同社のホームページを見ていたら一番下の項目に調達の職種も募集されており、思わず申し込んでみたら話がとんとん拍子に進んだという感じです。

三菱重工本社時代の髙山さん(真ん中上)と元職場の方々

髙山さん
当時の会社には不満はなく、やりたいこと以上のこともやらせて頂いていたので転職する気はなかったのですが、『今まで以上にやりたいことができるかもしれない、自分の夢を叶えるとなったらここだ!』という思いが自分を後押しして転職を決意しました。

入社後は希望通りMRJのボディ用外板材の調達を担当しており、やっぱりMRJについてはかなり思い入れが深いですね。

米国に来てからは直接関わることはほとんどないのですが、モーゼスレイクという同じワシントン州の町で日夜飛行試験をしているので、近くで応援する形になっています。このままいけば、2020年半ばには初号機をANAに引き渡す予定です。早く日の丸ジェットが空を飛ぶ姿を見てみたいですね。

※MRJは『三菱リージョナルジェット (Mitsubishi Regional Jet) 』の略で、三菱重工業および三菱航空機が開発している国産初のジェット旅客機。全長は約35メートル、70~90前後の客席数を持つ。低騒音、低燃費、環境負荷の低さを特徴としている。

2020年就航予定のMRJ 引用: http://www.flythemrj.com/j/

なぜアメリカに?

竹下(BigPic)
アメリカにはどのような経緯で駐在することになったのでしょうか?

髙山さん
基本的に航空調達部門から定期的に選ばれてロサンゼルスのオフィスに赴任するという流れがありました。もともと私が海外志向だったことに加えて、自分の足を運んで、現地でビジネスを通じて異文化を経験し、共有するということが大事だという自分自身のポリシーもあって、海外駐在にはずっと手は挙げていました。

航空宇宙部門は米国や欧州に限らず、一部部品などをベトナムで製造しているので、駐在する国のオプションはいくつかありましたね。当時は海外駐在ならどこでも構わないという話をしていましたが、民間機部門の最大の顧客であるボーイングとサプライチェーンにかかる橋渡しをする人間が必要という話が出ており、そこで私がアサインされました

駐在開始直前のお見送り会での一枚

竹下(BigPic)
アメリカで働くにあたって、日本で働いていた時と比べて何か違う点はありましたか?

髙山さん
大きく言うとビジネスにおける文化が違います。こっちの人はメールは大概見てくれない(特にファイル添付メール)ので、送り方の工夫(添付の要旨をメールに記載)や送った後のケア(電話やフェイストゥーフェイスで概要説明に行く)など、面と向かって話し合わないとビジネスが始まらないということがあります。

加えて、ずっと自分の考えや相手からの依頼を持っているよりも、テンポよく相手とキャッチボール(フィードバック、練り直しなど)を繰り返して双方の認識をすり合わせながら一つの案を磨いていくというのが主流です。

また、依頼した案件に対しては回答がもらえるとは思わず、こちらが責任をもって回答期限を決めて、それまでもProactiveにコンタクトをとりつつ、期限までに質の良い回答をもらえるようお膳立てすることも大事です。また期限を過ぎてからも重要度を説きながら根気よく催促するというのもビジネスにおいて大事なことです。

竹下(BigPic)
ワークライフバランスなどはいかがですか?

髙山さん
日本での働き方とは全く違いますね。こちらではかなりフレキシブルに働かせてもらっています。日本との時差の関係上、仕事の総時間自体は日本時代より長くなってしまっているかもしれないけれど、フレキシブルにメリハリをつけて仕事が出来るというのは本当に助かっています。

まとめ

前半では高山さんの現在のお仕事からこれまでの経歴、アメリカ駐在への経緯などを詳しく語っていただきました。定まったスキルを身に着けていくと同時に、自分のやりたいことを追いかけて常に自分を成長させていく姿はビジネスマンとして理想の姿です!

1つのことに磨きをかけ、訪れたチャンスをしっかりとモノにできるというのは、キャリアアップしていく中で本当に重要なことですね。

後編では、就活マスターの髙山さんが学生時代にしていたこと、学生時代に持っていた考え方など、また多趣味な髙山さんの一面にもフォーカスした面白い内容となっています!!

ではこの辺で!

後半の記事はこちら!

【米国三菱重工】国産初ジェット・MRJに憧れ航空業界へ。世界の現場最前線で活躍する調達マン 髙山恵治さん【就活・趣味編】

パイロット関連記事はこちら!

ボーイング関連記事はこちら!

【執筆者情報】

竹下 隼平

大阪府東大阪市出身、関西学院大学国際学部を休学せずに留学中。好きな状況は四面楚歌。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

大阪府東大阪市出身。関西学院大国際学部を休学せずに留学中。好きな状況は四面楚歌。