人事ってどんな仕事??就活生が人事のプロに直接質問してみた!!【元外資金融人事、現グローバルキャリアパートナーズ 小林望さん!】

みなさん、こんにちは。日本の友達も就職活動真っただ中ですが、僕たちもアメリカでのインターンシップ探しに奔走しています!

そんな中今回はグローバルキャリアパートナーズという会社で日本とアメリカでの就職活動に関するサービスを提供している、小林望さんにインタビューをさせて頂きました!!

アメリカでのインターンもあり、帰国したら就職活動が控えている私たち学生にとって、最も身近であり、あまり詳しい仕事内容について知らない人事の方とお話がしてみたい!とLinkedInを使ってコンタクトを取ってみたところ、快く承諾してくださいました!!

まずは小林さんの大学卒業後からのキャリアについてと、日本でのお仕事について書いていきたいと思います!
そして次の記事ではアメリカに来てからの仕事内容であったり、小林さんの人生観などについて掘り下げていきたいと思います!!

まずはプロフィール!!

プロフィール

【小林望さん】

青山学院大学国際政治学部を卒業後、新卒で入社された会社で海外営業部に配属され、その3年後にMBA取得のためにサンダーバード国際経営大学院に留学。大学院卒業後は日本で外資系銀行にて初めて人事の仕事に就き、その後大手外資企業にて人事、採用のお仕事を続けられ、2016年にアメリカシアトルに来られ、現在のグローバルキャリアパートナーズに入社。

 

人事・採用の仕事を15年以上されている,まさに「人事のプロ」ですね!!ではインタビューに移りたいと思います!!

人事ってどんな仕事??

 

BIG PIC
人事って学生にとって採用以外あんまりイメージつかないんですけど、どんな仕事をされるんですか?
小林さん
人事って一口に言っても仕事内容はたくさんあって採用だけじゃなくて、社員の給与の支払い、福利厚生の整備新人社員の研修とか他にも会社が訴えられた時の対応方法であったりをする人事法務っていう仕事もあったり、色んな種類があります。
BIG PIC
めちゃくちゃ種類あるんですね!人事はそれを全てやるんですか?
小林さん
大きい会社だったら人事の中でも採用チーム、福利厚生チーム、法務チームとかで分かれています。今のうちの会社は、その人事の仕事の中でも採用についての仕事をお手伝いさせてもらっています!
BIG PIC
なるほど、、人事って一言で言っても色々な仕事があるんですね。
では人事の仕事のやりがいって何だと思いますか??
小林さん
人に関する全ての仕事を任されるから、働く環境の整備であったり、従業員のための人事なんだけど会社全体の利益も考える必要があって、多面的に物事を考えるっていうところが面白いと思いますね。
組織で最も大事とされる、「資本・お金・人」の中でも一番大事って言われる「人」の部分に携われるのはすごくやりがいがあります。

人事の基本的な仕事は理解出来ましたね!では実際に小林さんが人事を始めたきっかけは何だったんでしょうか?

人事に興味を持ったのはいつ頃??

BIG PIC
いつ頃から人事の仕事に興味を持たれたんですか?
小林さん
MBAでビジネスについて全般を少しずつ勉強していく中で、会社の枠組みとか管理っていうことを考えると人事っていう仕事ががすごく大事だってことに気づいてから興味を持つようになっていきましたかね。
シティバンクでは人事を希望して職務採用という形で入社しました。

人事に必要なスキルって??

BIG PIC
これまで人事として働かれてこられて、人事にとって大切な能力とかスキルってあったりしますか??
小林さん
さっきも少しお話したけど、社内の中での採用チームであるときは人事部の中の一員として行動する必要があります。ただ単に人を増やせばよいってわけじゃなくて、入社の手続きに関するプロセスの効率化であったり、採用に関する細かいルを整えたり、細々した事務的な作業とか付随的な仕事がたくさん出てきます。
そんな状況でも優先順位を見失わないっていうことがすごく大事ですね。
BIG PIC
なるほど、、人事もある意味そういった部分が評価されているんですね
小林さん
採用担当としての評価基準は社員を何人入れて、空いたポジションにいかに早く適切な人材を雇うことができるかっていう部分にあるのですが、そこに追加して付随的な仕事をこなせているかってのが評価されているんだと思います。

キャリアを選んできたきっかけとは??

BIG PIC
転職を何回かされていると思うのですが、それぞれのきっかけは何だったんですか?
小林さん
初めの会社はMBAが理由で、2つ目のシティバンクは2006年にリーマンショックがあったりして、金融業界がガタガタになってた時期だったところから外資金融を移り渡ってきたって感じですね。
BIG PIC
リーマンショックの時はやっぱり大変だったんですか?
小林さん
大変でしたねー、普段は人を雇っていく仕事をしていたけど、リーマンショックを境に、人を減らしていくって仕事をしなくちゃいけなかったから。
特に金融業界は情報の漏洩を防ぐために、解雇を通達するミーティングルームにその人を呼んだ時点で、その後会社のPCにはログイン出来ないようにIDとかを全部消去しちゃうんです。荷物とかも後で配達するからって言って、そのままセキュリティガードと一緒に出口に出ていくってプロセスでした。
BIG PIC
それはかなり厳しいルールなんですね、、社員も急に言われるのは辛そう、、
小林さん
入って2,3年の人とかならまだしも、新卒から2,30年働いてきた方にも同じように解雇のプロセスは踏まなきゃいけないんで、怒って物を投げられたりすることもありました。人事って仕事に就いてから精神的に結構鍛えられるようになったかもしれないです。
BIG PIC
そういった解雇など時は人事としてもつらいと思うんですが、逆に人事にとって嬉しい瞬間ってあったりしますか?
小林さん
ありますねー、すごく細かいんですけど(笑)
新しく社員の採用する時に、会社の組織図に新しい社員を入れて更新していくんですが、採用プロセスの最後として内定書に記入して「いつから働き始めます」って確定した時に組織図の新しくその社員が入る部分に印をつけるんだけど、その瞬間が一番僕は好きです。自分が組織を少しでも創り上げていっている、っていう満足感に繋がっています。
会社組織を形成していくことが出来るっていう点は人事ならではの部分であるかなって思いますね。
BIG PIC
なるほど、、ありがとうございます!人事の仕事内容と日本でのお仕事をお聞きしてきましたが、次はいよいよアメリカに来てからのお話をお聞きしたいと思います!!

少し触れましたが、アメリカでの仕事は日本での仕事内容とは少し違っています!グローバルキャリアパートナーズでのお仕事、小林さんの人生観などについて詳しくは次の記事をどうぞ!

【執筆者情報】福井直人

大阪大学経済学部を休学し、Bellevue Collegeにて留学中。高校からずっとハンドボールのキーパーをしており、顔面にボールがぶつかっても泣かない強い男である。マイブームはアメリカで出来た友達に関西弁を教えること

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください